女性

収益物件の買取りを依頼するなら|将来を見据えた判断を

家を貸す際のポイント

インテリア

リロケーションをする上で工夫することは空き家にならないことです。そのために、家賃や家具付きといった工夫を行うことです。知っておくと良いことは、リロケーションを取り扱っているのでしょうか業者の選び方です。

詳しく読む

調べる前に決める事

貯金箱

首都圏は場所によって家賃相場が大きく変わります。自分がどこで賃貸経営をしたいのかしっかりと決めてからでなくては、家賃相場を調べる際に非常に膨大な時間がかかってしまいます。決めてから行動ををすると面倒な作業が少なくなります。

詳しく読む

新たな収入源としての期待

住宅模型

国内外の観光客が集まる大阪市では、民泊のairbnbが増加しています。空き室の救済措置であり、個人の収入源としても注目されています。今後も登録件数と利用者が急増すると予測されます。代行もあるので、初心者でも参加できると理解しておくと良いでしょう。工夫で人気のお部屋にすることも可能です。

詳しく読む

不動産投資成功の秘訣

マンションの模型

立地条件を重視

家賃収入を得る不動産投資をする場合、成功のカギを握るのは当然のことながら収益物件となります。そして、収益物件の買取りで重視すべきは、立地条件です。立地条件は築年数よりも重視すべきだと言えます。なぜなら、好立地の方が何かと便利ですから、借主が見つかりやすいからです。そして、新築や新築間もない築浅物件であっても、いずれは古くなるからです。ということは、新築、築浅物件のメリットは買取り後数年しかなく、最初の借主には高い家賃を設定できたとしても、次の借主に対しては家賃設定を下げなければならない状況に迫られてしまうのです。それなのに高い金額で買取ってしまうと大きな損をしてしまいますから、築年数よりも立地条件を重視すべきなのです。

リノベーションで様変わり

しかし、いくら好立地であっても、あまりにも古い物件を買取ってしまうと、収益物件としての役割を果たさないこととなります。但し、それは、そのままの状態で収益物件とする場合です。現在、リノベーションという改修工事が注目を集めています。リノベーションとはリフォームよりも大規模な改修工事のことであり、設備を最新にするだけではなく、間取りや水道の配管さえも変更してしまう改修工事です。ですから、リノベーションを施せば、古い物件であっても、とても現代的な最新物件に様変わりさせることができるのです。当然、新築に近い家賃を設定することが可能となりますし、それでも好立地なリノベーション物件は需要がありますから借主はすぐに見つかります。