男性

収益物件の買取りを依頼するなら|将来を見据えた判断を

新たな収入源としての期待

住宅模型

民泊の規制緩和

大阪市は東京や京都と肩を並べ、外国人観光客に人気となっている観光地です。特に食文化が発展している地域として知られ、世界中で大阪市の名前が広まってきています。そのような中、大阪市ではこういった外国人観光客を受け入れる、airbnbに注目が集まっています。airbnbはいわゆる民泊で、マンションの開き室や、自宅を宿泊場所として提供するビジネスの一つです。なかなか部屋が埋まらないマンションのオーナーや、新たな収入源として個人にも注目されています。これは民泊に対する規制の緩和の動きから急激に話題に上るようになり、一部では数カ月の間で、登録物件数が数倍という数値も出されているのです。まだまだ浸透していないということもあり、今後もさらに登録件数が増え、利用者数も急増すると予測されます。

工夫で人気のお部屋に

airbnbはエアビーアンドビーと読み、ウェブサイトのサービス名でもあり、米国の企業名でもあります。設立されたのは2008年のことで、比較的新しいサービスとも言えますが、すでに世界200国近くにまで広がっているのです。日本ではやっと広がってきたというのが現状ですが、airbnbの代行サービスが急増し、やり取りを行う際の英語の壁が解消されて、環境も整ってきています。そのため、提供する部屋があれば初心者でも参加できる、という点は知っておくと良いでしょう。また、自分のアイデアを生かした、オリジナルのお部屋のデコレーションも可能です。つまり、話題性があって人気となれば、世界中に知られるという、大きなビジネスチャンスも含んでいるということです。大阪市であれば観光客も注目しやすいので、工夫を凝らしたお部屋づくりに挑戦してみるのも、ひとつの工夫でありテクニックと言えるでしょう。